任意整理の流れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

お金の借入がふくれ、複数社から借入をしている人もいると思います。

しかし、他業者からの借入は、金利もバラバラ、返済期限もバラバラ、
きちんとした返済計画をたてることが難しく、借入金額は一向に減らない傾向にあります。

そんななかで、みずほ銀行でおまとめローンを考えている人が増えています。

おまとめローンにすることで、金利は安くなりますし何よりも返済が楽になります。

任意整理をする前にまずはおまとめローンを考えてみてはいかがでしょうか。

任意整理というのは、債権者との交渉により債務を減額して、
分割弁済していく債務整理のことです。
他の債務整理手続きと異なり、裁判所の関与を必要としないという特徴があります。

任意整理の流れは、次のとおりです。

まず債権者に対して取引履歴の開示を請求するところから始まります。
なお、弁護士や司法書士が任意整理を引き受けた場合は、
履歴の開示と同時に、受任した旨を債権者に通知します。

この通知が債権者に到達すると、
債権者は債務者と直接やりとりすることができなくなります。
履歴の開示により明らかになった債務額を利息制限法の上限利息に引き直します。

引き直し計算後の債務が、本当の借金額となります。
そして、引き直し計算前後の差額の部分、
つまり払い過ぎた利息分が減額の対象になります。

なお、払い過ぎた利息部分が本当の借金額を上回った場合、
過払い金として当該部分の返還請求ができます。
債権者が交渉に応じなければ、裁判へと流れていきます。

任意整理は、裁判所を介さない手続なので、
債務の減額如何は交渉がすべてです。
そもそも債権者が交渉に応じてくれなければ、
この手続を採ることはできません。

また、全債権者を相手取ることもできますし、
任意の債権者を選択できることもできます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.breecon.com/mt-tb.cgi/4

コメントする