任意整理と倒産の違い

| コメント(0) | トラックバック(0)

倒産とは、個人や企業が借金の返済ができなくなって、
経済活動を続けていくことができなくなった状態のことをいいます。

倒産は、法的整理と任意整理に大別できます。
法的整理は裁判所関与のもと借金問題の解決にあたる方法です。

一方、任意整理は裁判所の関与なくして、
債権者との交渉により借金問題の解決にあたる方法です。

法的整理には、清算型と再建型の2種類があります。

清算型は資産を処分してお金に代え、債権者に弁済して、
事業を廃止するものです。
清算型には、民事再生と会社更正があります。
一方、再建型は資産を残しつつ事業を継続しながら
収益を債務に充てて債権を目指すものです。

再建型には、破産と特別清算があります。
上記の4つの法的整理のうち、清算型では民事再生が、
再建型では破産が一般的に利用されています。
この2つは、法人だけでなく個人も対象にしているのが特色です。

任意整理は、裁判所の介入なしで倒産処理が進められていきます。
具体的には、債務者の資産を処分してお金に代えて、債権者に弁済していきます。
裁判所の関与がないので、高額な予納金を納めなくて済むというメリットがあります。
ただし、交渉に応じない債権者には意味をなさないというデメリットがあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.breecon.com/mt-tb.cgi/3

コメントする